[i mode]

Pikachu images INDEXtime order PIKADEX

HuisTenBosch08_01 ハウステンボス08


拝啓、夫殿: 「就寝前は、本を読みたい!」
HuisTenBosch08_01 ハウステンボス08



猫(夫)に添い寝するデカピカ  

   ももんがぁ夫妻も一緒です♪

 

   2003年、ANA'sピカ夏家族旅行で泊まったハウステンボスジェイアール全日空ホテル ピカ夏ルームベッド上。 さりげなくデカピカの肩(?)に回された、 猫の手に注目!  浮気チュウですか?   

   −−−

   近頃、気づいた。 結婚して、というか二人暮しを始めて、最強・最悪の枷になってい たのは、

  「寝る前、読書ができない!」

という事実だと。

   猫と会う前の私は、実際、かなりの濫読家であって、文学全集から、歴史小説、漫画、学習参考書、実用書、専門書、エロ小説(♪)に至るまで、バリバリバリバリ読んでいた。 小学校・中学校時代の図書室は全読破したし、高校では全校一の読書量を誇り(『図書館便り』調べ)、大学図書館も顔パスだった。 なのに、ココ10年(留学期間を除いて)、殆ど本が読めてない。

   アウトプットよりインプットの方が好きなのは確かだ。 だから、大学院にも潜る。 家事や移動の間はラジオを聴きっぱなしだし、夜寝る前にはシグマリオンU&AirH"で 巡回先を読み耽る。(それでも読むものがなくなると 、今度は 2chの法律板を読む ← 勉強になるなぁ♪)

   では何故、読書量が減ったのか? それは、猫が寝ている傍では灯りをつけられないからだ。  シグマリオンの暗いバックライトでさえ気になる猫:

  「明るすぎて眠れない。」
  「○がいつまでもネットしてるから、眠りが浅くて困る。」
  (ピカをどかしてコチラを覗き込みながら)「明るいねぇ…」

   超・ウルトラ・鬼・激しくウルサイ!

  というわけで、数日前から、リビングの簡易ベッドに引っ越した私。 プチ家庭内別居。 時々、寝室へ呼び戻されるワケだが、なるべく、ほっといてくれると嬉しい。  昨日は、紙版 『セクサロイドは眠らない』を”イッキ読み”した。 あ〜、こーゆーの久しぶりだわ♪  やっぱ、本は紙媒体に限るね。 モニタで文字を追うのは疲れすぎ。

   寝る前に本を読む、眠気が襲ってきたらライトを消して寝る、或いは寝オチ…

   独り暮しの頃は当たり前だった”読書の愉しみ”。 これが制限されたストレスは、溜まりに溜まって、ついに限界を超えたさ:

  「私は”添い寝マシン”じゃない!」 「家事を済ませて、身体も頭もクタクタの”寝る前”くらい、静かに読書をさせてくれ!」 「用もないとき呼ぶな!」 

でも、

   子作り希望時には、明確な意思表示をするよーに♪

ではでは、


まりぃ。

 


↑エンピツ投票ボタン
My追加


リリカル鬱日記:『まりりん32』@ピカチュウの部屋
 

初めての人へ/★ はてなアンテナ/★ 『ピカチュウの部屋』更新情報/★ リリカル日記過去ログ/★ イタリア語日記ログ/★ /★ 公開”お気に入り”/★ 日記才人 教師・研究者リスト/★ タグが使える・画も貼れるチャット/★ 過去のパチモンぴかちゅう Pirated version Pikachu's list: pikachu images index/★ 『我が家のピカチュウ』公開チュウ♪

Home: ピカチュウの部屋 (日刊 まりりん32)

If you like to contact me, please feel free!
あなたのピカチュウ画像をお寄せ下さい。 詳しくはコチラ

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO