おしゃチュウ(商品名:おしゃべりピカチュウ2)

本日限定ピカチュウ画像 15 venerdi'




今日のピカ  

ひらめピカ…
日替わりピカ画像のページです。
やっと普通の更新ペース♪
6/15は、”おしゃチュウ”。
(商品名:おしゃべりピカチュウ2)
ヒラメすぎて、買おうかどうか、かなりためらったピカです。
でも当時「ピカ屋」と認定していた
(現在は、ちょっとサブカルチャー屋…)
横浜の”足立玩具店”の前で
見本”おしゃチュウ”を見据えながら
うんうん唸っていた私の耳元で
「予約受付中ですよ…。」
と、店の親父が呟いたもので、
彼はウチの子になったのでした。


「こんどはなでると笑うよ!」
って、あーた… >TOMY
 

説明書どおりには鳴きません…
説明書によれば、

 ====引用開始====

遊び方
(…中略…)
Bピカチュウをなでたり、ゆらしたりして遊ぶ。


そっとおでこをなでると
「ピカッツ」

横にゆらすと
「ピカチュウ
 ピカピカピカー」


背中をなでると
「ピカ
 ピカー」


 ====引用終了====

と、鳴いて貰える筈なんですが、
ウチのに限っては、
「看板に偽りあり!」



本物の電気ネズミ♪  

静電気ですけど…
ウチは、洗濯物を室内に干します。
また湿度計が各所にあり、年間を通じて
湿度を常に50−60%に維持しています。
その上、住人である私と猫は、
冬でもフローリングの床に素足で生活しています。
というわけで、
ウチは静電気の帯電率が非常に少ないのです。

何故、一々こんなこと ↑ を書くかというと、
おしゃチュウに
「ピカ
 ピカー♪」

とか、
「ピーカッツ♪」
とか、可愛く鳴いてもらうためには、
ある程度の静電気が必要だからなんですね。
(ウチだけ?)
上記の鳴き方をさせるためには、
ダマールの帯電下着に化繊の靴下、
それにプラスチックの下敷きが必須という、
とんでもなく手間のかかる”おしゃチュウ”。
当然、一旦は本気で返品も考えましたが、
「こんなヒラメな上に、欠陥品じゃ、
 メーカーに返された挙句、廃棄だな。」
と、猫が呟いたため。
やっぱり、今でもウチの子です。

ちなみに、彼、いつでも
「ピカッチューウ♪
 ピカピカピカー!!!」

とだけは、鳴きます。
しかも、大音響で…。

たたこうが、なでようが、ゆらそうが
同じ鳴き方しかしない”おしゃチュウ”…
ももんがぁも、ちょっと呆れています。
(でも仲良し♪)






トップページへ To the Top索引へ戻る back to the index

ご意見/ご感想はこちらまで Se ti va, mandami un messaggio!

@nifty ID:GGA02607
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO